中古車の需要が年々伸びています

車の見積り方法とはどんなもの?

車の見積り方法とは?

■下取りに出すな?

車はどうやって見積りを出しているのか? クルマを買い換えるときには、ディーラーに下取りに出すのではなく、すっかり買取業者に出して売却するというのが一般的なものとして定着するようになってきましたが、実はこの中古車の買取価格の見積りというのは同じクルマで依頼をしてみても、かなり業者によって異なるのが現実の状況なのです。中古車にはレッドブックという査定の基本価格表があることはかなり広範に消費者にも知られており、ほとんどこの価格に走行距離や車の使用状況などを加味して価格が上下に多少変化して推移し、古くなれば確実に価格が下がっていくというのが一般的な消費者の認識になっています。

もちろん基本的にはこの考え方は間違いないといえるのですが、実際には買取業者の提示する見積り価格にはそれぞれかなりの開きが生じることになるのです。実は中古車の価格の形成というのはもう少し複雑で、市場における需要と供給の関係で取引き価格が変化するため、当然買取のための見積り価格もかなり上下するのが実態となっているのです。ある意味で相場に連動して価格が動くわけですから健全な相場ということもできるわけです。こうした市場が形成されてきたのにはいくつか理由があります。

中古車市場

■かなり需要が伸びている

まず人口の減少や高齢化の進展などもあって高度成長期に比べると新車が売れなくなったことが、中古車市場にも大きな変化をもたらしたことは間違いありません。つまりクルマの中古車市場での利用期間が昔に比べても長くなってきていることからリセールバリューがつく期間も長くなっていることが大きな変化をもたらしているといえます。また、オートオークションが広範に普及し、中古車市場も実際に購入する顧客の具体的需要にあわせて取引きが行われるようになったことが中古車の価格に大きな影響を与えるようになっているのです。

これまでの仕入れ業者の感覚的な売れ筋や売買価格の勘に頼るビジネスから、顧客がどのクルマをどの位の価格まで出しても購入意向があるのかが、こうしたオークションを通じて業者にしっかりと伝わるようになっていることが買取価格に大きな影響を与えるようになっているのです。また地域の違いなどによっても顧客の志向が微妙に異なることから、各オークションで必要とされるクルマの種類が微妙に異なることも買取業者の提示価格に変化を与えるようになっているのです。こうしたことから、最近ではネット利用した一括見積り査定サイトが非常に人気を呼ぶようになっています。

どうにもならない時には廃車も考えてみよう

廃車手続き 廃車の具体的な手続きの内容や、上手な売却方法について解説しています。

一括サイトが便利

■外出の必要なし

一括見積り査定サイトであれば、一回クルマの状況を入力すれば最大10社近い業者から見積りを取得することができるため、確実に高い価格で買い取りしてくれる業者を見つけることができるのです。業者側も広範な市場からクルマを探してくることができるため、双方にメリットが生じるようになっているのです。これまでなら近場の業者に買取の打診をしてみるといったやり方が主流でしたが、ネットを使ったこうした方法ならば、需要をもっている業者に高く買取をしてもらうことができるため、とても効率的な売却ができるようになるのです。まさにネットの普及によって成立するビジネスモデルとなっているわけです。

このようにクルマの売買にも大きな変化が現れ、ひと手間かけて幅広い業者からの買取見積りを取るだけで、それこそ10万とか20万といったレベルで買取価格が変化するようになってきているのです。それほど中古市場は需給バランスで相場が変化するものになっているということをしっかり認識しておく必要があります。こうした市場の仕組みが理解できていれば、きちんと納得のいく価格でクルマを短期間で売却することができるようになるのです。